FC2ブログ

2019.07.07    カテゴリ:  江津湖以外 

   梅雨の晴れ間にて(ウグイ)


久しぶりに川へ。
  
川190706-761(700)

 




落差下の少し深いところでウグイが産卵していました。

ウグイの婚姻色を見たのは初めてです。ウグイ属の成魚は雌雄ともに婚姻色が出るそうです。


ウグイ190706-697(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(17) f5 1/180秒 ISO200






ウグイの婚姻色はオレンジと黒色で、額から背の方にある青白い点々は追星(おいぼし)です。
図鑑によると追星とは、「繁殖期に表皮が厚く硬くなってできる突起のことで、頭部やうろこ、ひれに生じる。追星の出現パターンは近縁種間で異なることがあり、重要な分類形質となる。」とあります。

ウグイ190706-675(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(47) f5.6 1/180秒 ISO320





2019/7月撮影 熊本県にて(江津湖以外)
参考:山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

2019.06.14    カテゴリ:  江津湖以外 

   テンニンギク

 
仕事で行った南の島。

南の島の岩礁20190612






空港の周りにはテンニンギク(北米原産)が所々に見られます。別名Sundance(太陽の踊り)、特攻花。

海も空も花も一つずつが何とも色鮮やかです。真偽は別としても、この島の悲しい歴史を伝える花でもあります。

テンニンギク20190612



2019/6月撮影 南の島にて

2019.06.01    カテゴリ:  遊び 

   九州南部の梅雨入り

 
5月の連休中に、江津湖でゴムボートに乗ったり犬を泳がせたりしてくつろぐ人たち。

こう暑いと、小中学生や高校生たちも江津湖に泳ぎに集まってきます。

親水190505-394(700)




川に浸かって自分を解放すること。親水性が高い中九州の住民にとって普通の息抜きです。



下の写真は、この日緑川水系の水路で捕ったミナミメダカ。
(水槽撮影)

ミナミメダカ190505-388(700)



2019/5月撮影 江津湖にて


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog