2009.05.10    カテゴリ:  水辺の工法 

   木工沈床<もっこうちんしょう>

木工沈床1-090503
木工沈床2-090503
木工沈床3-090503
2009/05/03撮影

夫婦岩(めおといわ)のやや下流、右岸側を護岸する木工沈床。
丸太で枠を組み、玉石を詰めて水の勢いを落とし、水衝部が掘られるのを防いでいる。

工事後10年以上経過している。
コンクリートの従来工法と比べると、やはり魚類が多いと感じる。植物も水際まで生えることが出来て、見た目も自然だ。このあたりでは2005年ごろにアブラボテが手釣りで釣れた。流水を好むタナゴで、木工沈床を出たり入ったりしていた。
丸太などの定期的な修繕は必要だろうが、こういう税金の使い方には文句は言わない。

この工法で工事が行われる以前は傾斜が急な土手だった。水際は深くえぐられていてハヤの良い釣り場になっていた。しかし雨の日などは斜面がつるつると滑って、結構危険なポイントだった。

木工沈床6
木工沈床4
工事してまだ数年後の状況(2000年頃撮影)


2009.05.10    カテゴリ:  水辺の工法 

   杭柵工3

杭柵工1-090503
杭柵工2-090503

ぞうさんプール下流側にある杭柵工の親水護岸(加勢川左岸)。

5月はまだ水量が少なく魚はあまり見なかったが、カワニナはこの場所を気に入っているようだった。

夏から秋にかけて水位が上がり、色々な生物のすみかとなる。魚採りなどの子供の遊び場にもなる。 2008年の夏には、タカハヤ、ドンコ、アメリカザリガニが隠れていた。

2009/05/03撮影
過去記事→09/05/07 杭柵工2

2009.05.07    カテゴリ:  水辺の工法 

   杭柵工2

杭柵工1-6-090503
杭柵工1-4-090503
杭柵工1-3-090503

丸太を組んで栗石を詰めた護岸工法の一つ「杭柵工」。加勢川右岸の水衝部を護岸している。
前面には捨石が配置され、水中の丸太の奥にはテナガエビが隠れていた。

水中の木材は割と長持ちするというが、水面上の丸太はそのうちに朽ちて、手入れが必要となるだろう。そうした手間と費用(税金)をかける価値がある工法だ。

2009/05/03撮影
過去記事→09/05/02 杭柵工

2009.05.02    カテゴリ:  水辺の工法 

   杭柵工

自然石による護岸-090202

生態系に配慮した多自然工法は、江津湖でも積極的に採用されている。
上江津湖では、90年代後半に工事が行われたと思う。

杭柵工の前面には捨石が置かれ、生物のかくれがになっている。杭をコンクリートやプラスチックの擬木ではなく、生の木杭としてくれたところがうれしい。

この場所は、水位が上がればもっとよい魚のすみかとなると思う。
湧水の多い江津湖は、季節的な水位変動が大きい。しかし湧水量自体もかなり減ってきている。

2009/02/02撮影


Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog