2016.08.30    カテゴリ:  魚類 

   有明海から (スズキ、ボラ)

 

7月末、湧水地沖合で複数のスズキをみかけました。
江津湖では釣りでもしばしば釣れているようです。

スズキは有明海から遡上し、野田堰を越え、江津湖までやってくるのだと思います。 

スズキ160730-2
E-620 ZD14-54mmⅡ(43) f7.1 1/180秒 ISO250







有明海のスズキは、中国産のタイリクスズキと日本産のスズキが今から1万年以上前に交雑し、有明海の特殊な環境に適応して長く存続している極めて特異な集団とされ、アリアケスズキともいわれます。

スズキは昔から江津湖に上っていたらしく、熊本市出身で昭和の代表的な日本画家である堅山南風(明治20年~昭和55年)の著書「想い出のままに」の中にも、漁師が江津湖でセイゴ(小型のスズキの別称)を捕っていたことが書かれています。

スズキ160730-1
E-620 ZD14-54mmⅡ(31) f7.1 1/180秒 ISO200







下の写真はスズキとボラとのツーショットです。
ボラも全長30cmを超える個体の群れが江津湖を泳いでいますが、警戒心が強いようで人とかなりの距離を保って泳いでいきます。なかなか撮影が難しい魚です。

スズキボラ160730-3
E-620 ZD14-54mmⅡ(31) f7.1 1/180秒 ISO200





時には、スズキ、ボラオイカワオオクチバスコイカムルチーなどが同時に視界に見えていることがあり、透視度の高い江津湖ならではの光景だと思います。



2016/7月撮影 江津湖にて
参考:
中山耕至.有明海産スズキ個体群の起源に関する分子遺伝学的研究.京都大学農学研究科博士論文.2000:96頁
田中克.有明海特産魚:氷河期の大陸からの贈りもの.日本魚類学会自然保護委員会(編).干潟の海に生きる魚たち.東海大学出版会.2009:107–122頁

2016.08.22    カテゴリ:  魚類 

   コイ(飼育型) 外来種

 
 
外来種であるコイ(飼育型)です。
江津湖では放流などにより多数見られます。

 
コイ160730-195
E-620 ZD14-54mmⅡ(41) f5.6 1/180秒 ISO320


2016/7月撮影 江津湖にて

2016.08.20    カテゴリ:  魚類 

   ジルティラピアの子育て

 
江津湖の止水域にジルティラピアがいました。
稚魚を守っているようです。

ジルティラピア160731-126
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f7.1 1/180秒 ISO250




ジルティラピアの原産地はモロッコからナイル川にかけての赤道以北のアフリカ大陸とパレスチナ地方です。

河川緩流域や湖沼などに生息し、塩分や水質汚濁、水温に対して高い適応力を持つとされ、何でも食べる雑食性です。

一夫一妻性で雌雄でなわばりをもち、清掃された巣の底に付着卵を産みつけ、稚魚になるまでメスが保護します。ナイルティラピアのように口内飼育するわけではないようですが、親が守る分、無事に成長する稚魚が多いのではないでしょうか。



江津湖の止水域を陸地からながめると、およそどのエリアにもジルティラピアが浮いており、水中の景色が変わってしまったという感じがします。江津湖では市の条例により再放流が禁止され、駆除が行われていますが、子育て中の群れている時に駆除するのもいいかも知れません。


2016/7月撮影 江津湖にて
参考:
山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社


2016.08.11    カテゴリ:  魚類 

   外来種の楽園 (パスワード設定)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016.08.10    カテゴリ:  魚類 

   ウグイ

 
 
早朝の江津湖。

湧水地付近にはウグイたちが次々と深場から遡ってきました。

ウグイ160731-078
E-620 ZD14-54mmⅡ(22) f7.1 1/180秒 ISO400





20m先までが見通せる水中で、30個体ほどいたでしょうか。10㎝ほどの小型のものから40㎝ほどの大型まで。

ウグイ160731-064
E-620 ZD14-54mmⅡ(50) f7.1 1/180秒 ISO400



2016/7月撮影 江津湖にて



2016.08.08    カテゴリ:  魚類 

   夜間潜水 ウキゴリ

 
 
水中ライトを持って、深夜に江津湖にいきました。

ナマズがたくさんいましたが、全て逃げられました。ナマズへの接近はなかなか難しかったです。



湧水地付近には全長6〜7㎝ほどのウキゴリが複数いました。

ウキゴリ160730-3
E-620 ZD14-54mmⅡ(40) f7.1 1/180秒 ISO200


ウキゴリ160730
E-620 ZD14-54mmⅡ(46) f7.1 1/180秒 ISO200






ウキゴリは水中をゆっくり漂うように泳ぎます。

ウキゴリ160730-1
E-620 ZD14-54mmⅡ(40) f7.1 1/180秒 ISO200






パクパクとしきりに何かを食べていました。
水中では気づきませんでしたが、写真で見ると小さなエビのようなものが写っていました。
ライトの灯りに集まってきたエビを食べていたのかも知れません。

ウキゴリ160730-2
E-620 ZD14-54mmⅡ(40) f7.1 1/180秒 ISO200





ウキゴリは江津湖では昼間にはあまり目にしませんが、
夜間だとしばしば見かけます。
模様が独特で漂うように泳ぐ愛嬌のある魚です。




下の写真は、江津湖ではない他の河川で昼間に撮影したウキゴリです。お腹が少し黄色くなっているのは、婚姻色のようです。

ウキゴリ160731-202
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f7.1 1/180秒 ISO200


2016/7月撮影 江津湖にて

2016.08.06    カテゴリ:  魚類 

   ヌマチチブ

 
 
江津湖にヌマチチブがいました。



ヌマチチブはチチブと似ていますが、胸びれ基部の橫帯の中に分枝した橙色線があることで区別できます。

主に河川の中・下流域に生息し、流れの緩やかなところや平瀬でみられます。
両側回遊魚ながら、容易に陸封されるそうです。
食性は雑食性で主に付着藻類を食べます。



今回は湧水地近くの石の下にいました。
じっくり観察しようとしましたが、写真を数枚撮ったあと見失ってしまいました。

ヌマチチブ160730-188
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f7.1 1/180秒 ISO320


個人的には、江津湖でヌマチチブを見たのは初めてのことです。

とはいえ、スズキボラなどがたくさん遡上してくる江津湖。
まだまだいろいろな種類の魚がいても不思議ではありません。



2016/7月撮影 江津湖にて

参考:
山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社

2016.08.05    カテゴリ:  魚類 

   小アユ その2 (パスワード設定)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016.08.04    カテゴリ:  魚類 

   小アユ その1


 
湧水地で小アユの群れが泳いでいました。
例年と違って、こじんまりとした群れです。


熊本地震その他もろもろの事情で、今年はアユが江津湖に放流されなかった可能性があります。
今泳いでいる小アユは江津湖で生まれた個体か、あるいは緑川に放流され江津湖に遡上した個体なのかもしれません。

20160804110907f0d.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(40) f5 1/180秒 ISO250


放流により遺伝的多様性が失われたり外来種が混入したりするので、生物多様性を保全する意味では放流しないに越した事はありません。


2016/7月撮影 江津湖にて

2016.08.03    カテゴリ:  魚類 

   夏のカワムツ

 
早朝の江津湖。


オスのカワムツが水面付近を泳いでいました。
流下してくる何かを食べているようです。


ヒレの黄色と口元の朱色がとても色鮮やかで、体側の紺色の帯もくっきりとしています。
地元熊本ではヤマソバエ、ヤマソと呼ばれます。
 
カワムツ160730_edited-1
E-620 ZD14-54mmⅡ(38) f5.6 1/180秒 ISO320



2016/7月撮影 江津湖にて



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog