FC2ブログ

2018.06.27    カテゴリ:  江津湖以外 

   アリアケスジシマドジョウ (福岡県)


田植え後の水路。

トラクターで農薬散布中でした。水路にいると頭の上に農薬の顆粒が降りかかってきます。
除草剤やスクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)駆除用の薬剤らしいです。イシガイ類とか大丈夫なんでしょうか。



伝統的な用排兼用の土水路では、田んぼで暖められた水が水路に入ってくるので、水がぬるくなってます。
そこに縦条の目立つアリアケスジシマドジョウがいました。
下流側からジリジリと近づきます。


アリアケスジシマドジョウ180624-234(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(43mm) f5.6 1/180秒 ISO200





上流に移動すると、水が冷たい部分があります。伏流水が出ていたり、かんがい用水が合流したりしているようです。ここにもアリアケスジシマドジョウ。

アリアケスジシマドジョウ180624-263(700)
E-620 ZD14-54mmⅡ(25mm) f7.1 1/180秒 ISO200






2018/6月撮影 福岡県内水路にて







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog