2017.09.16    カテゴリ:  江津湖以外 

   カジカ(大卵型)

 
 
福岡県筑後川水系の河川にカジカがいました。

カジカ1-170910(700)
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO400





胸鰭条数12、背鰭軟条数16。
カジカ(大卵型)ですかね。

カジカ4-170910(700)
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO400




図鑑によれば、カジカ(大卵型)は淡水カジカ類の中で小型の種。
本州のほぼ全域と九州北西部に分布。

名前のとおりカジカの中では大きな卵(産着卵の直径2.6~3.7mm)を産む。
仔魚は降海することなく浮遊期を卵の中で過ごす。ふ化後、直ちに底生生活に入り、一生を河川で過ごす。河川の上・中流域の礫底にある小岩の隙間に身を潜めている。

繁殖期は2~6月。メスは浮石の下に卵をさかさまに産みつけ、オスが卵塊を保護する。
主に水生昆虫を餌とする。

カジカ5-17910(700)
E-620 ZD50mm Macro f8 1/180秒 ISO400



江津湖にも昔はカジカがいたらしく、今では絶滅したとされています。
それが陸封の大卵型であったのか、降海する小卵型(ウツセミカジカ)であったのかは今となっては分かりません。



2017/9月撮影 福岡県筑後川水系河川にて(江津湖以外)
参考:
山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社
阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる.清水正元著.1984.朝日新聞社






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog