2017.07.25    カテゴリ:  魚類 

   オイカワ

 
 
江津湖の上流では、オイカワが非常にたくさん泳いでいました。


熊本では「ハエ」や「アカタバエ」といわれて、釣りや佃煮で人気の魚です。
小さい子供の頃はこのきれいなオイカワをなかなか手にできず、憧れの魚でもありました。



オイカワ170716-070江津湖700
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO250




じっくり見ていると、オスどうして闘争したり、グイグイと上流に向かって遡上したり、
生きいきとしたオイカワを見ることができます。


オイカワ170716-063江津湖700
E-620 ZD50mm Macro f6.3 1/180秒 ISO250



しかし、江津湖ではよその県からオイカワを持ってきて放流しています。ものすごくたくさんのオイカワが泳いでいるのはそのためだと思います。

特定の種だけがたくさんいるのは違和感を感じるものです。さらには、よそから生物を持ち込むと、国内外からの外来種がどうしても入ってしまうので、すでに取り返しのつかないことにもなっています。


とはいえ、夏のオイカワはやっぱりきれいです。オイカワのもっと生きいきとした写真を撮れたらと思います。



2017/7月撮影 江津湖にて







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog