2016.08.14    カテゴリ:  江津湖周辺地域 

   野田堰

 
江津湖から下ること約7km、加勢川にある野田堰を見ました。
かんがい期に野田堰が堰上げられることで、江津湖の水位が40cm上昇するそうです。季節的な湧水量の変化に加え、野田堰のゲート調整により江津湖の水位が決まるのですね。


野田堰160813-233_700pixle
野田堰160813-243_700pixle






かんがい期である夏の江津湖神水です。
湧水が満々と湛えられています。

江津湖神水160813-261_700pixle



今後、加勢川の浚渫工事に伴って江津湖の水位が下がらないように、野田堰を常時堰上げる計画があるようです。
これによって江津湖の季節的な水位変動が実際にどうなるのか、水位変動のある水辺でみられるキタミソウなどの植物、その他の沈水植物や魚類などが実際どうなるのか、気になるところです。


2016/8月撮影 加勢川、江津湖にて
参考:今辻ほか「熊本水前寺・江津湖における湧水の変動とそのメカニズムについて」東海大学紀要産業工学部1(2008年):46~52頁







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog