2016.08.20    カテゴリ:  魚類 

   ジルティラピアの子育て

 
江津湖の止水域にジルティラピアがいました。
稚魚を守っているようです。

ジルティラピア160731-126
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f7.1 1/180秒 ISO250




ジルティラピアの原産地はモロッコからナイル川にかけての赤道以北のアフリカ大陸とパレスチナ地方です。

河川緩流域や湖沼などに生息し、塩分や水質汚濁、水温に対して高い適応力を持つとされ、何でも食べる雑食性です。

一夫一妻性で雌雄でなわばりをもち、清掃された巣の底に付着卵を産みつけ、稚魚になるまでメスが保護します。ナイルティラピアのように口内飼育するわけではないようですが、親が守る分、無事に成長する稚魚が多いのではないでしょうか。



江津湖の止水域を陸地からながめると、およそどのエリアにもジルティラピアが浮いており、水中の景色が変わってしまったという感じがします。江津湖では市の条例により再放流が禁止され、駆除が行われていますが、子育て中の群れている時に駆除するのもいいかも知れません。


2016/7月撮影 江津湖にて
参考:
山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog