2016.08.06    カテゴリ:  魚類 

   ヌマチチブ

 
 
江津湖にヌマチチブがいました。



ヌマチチブはチチブと似ていますが、胸びれ基部の橫帯の中に分枝した橙色線があることで区別できます。

主に河川の中・下流域に生息し、流れの緩やかなところや平瀬でみられます。
両側回遊魚ながら、容易に陸封されるそうです。
食性は雑食性で主に付着藻類を食べます。



今回は湧水地近くの石の下にいました。
じっくり観察しようとしましたが、写真を数枚撮ったあと見失ってしまいました。

ヌマチチブ160730-188
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f7.1 1/180秒 ISO320


個人的には、江津湖でヌマチチブを見たのは初めてのことです。

とはいえ、スズキボラなどがたくさん遡上してくる江津湖。
まだまだいろいろな種類の魚がいても不思議ではありません。



2016/7月撮影 江津湖にて

参考:
山渓ハンディ図鑑15 日本の淡水魚(編・監修/細谷和海、写真/内山りゅう).2015.山と渓谷社






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog