2016.02.19    カテゴリ:  保全活動 

   アサザの除去

 
 
2015年5月に、江津湖の近くでアサザをみつけました。
アサザは環境省レッドリストでは準絶滅危惧、熊本県レッドデータブック2014では絶滅危惧ⅠA類となっています。


ここの株は突如として現れたことから、他の地域から移入されたものだろうということです。
念のために一部をとあるところで保存の上、現地から除去することになりました。



除去前。

01アサザ150920

02アサザ150920






作業中にアサザが流れていって下流に広がらないように、次男坊が切れ端を拾ってくれました。

03アサザ150920





除去後。

04アサザ跡150920




根が残るので一回では除去できません。
別の日に、他の方にも除去してもらいました。
できる時にできる人が繰り返しやることになります。

外来種を入れるのは一瞬ですが、取り除くのは大変です。
江津湖のブラジルチドメグサや様々な魚類のように、入ってしまうと根絶できないものもたくさんあります。



2015/9/20撮影 江津湖の近くにて
参考:
環境省第4次レッドリスト(維管束植物)
熊本県の保護上重要な野生動植物リスト−レッドリスト2014−






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog