2015.06.11    カテゴリ:  魚類 

   ニゴイ


江津湖でニゴイをよく見るようになった。

ニゴイのことは「澄んだ湖をつくる」や「江津湖の自然」にも書かれていない。
自分自身も幼少期に江津湖でニゴイを釣ったり見た記憶がないので、
江津湖では国内外来種だと思っている。



そのニゴイはなかなか警戒心が強く、水中撮影が難しいので、
ルアーで狙うことにした。

流れを泳ぐニゴイを追って小型スプーンを投げ続け、
ようやくヒット。

40cmほどの良型のニゴイ。

ウルトラライトの渓流竿に1.5号のナイロンラインだったので、
15分ほどかけてようやく浅瀬に引きあげた。

ニゴイ150609-1



ニゴイは、本州、四国のほぼ全域と、九州北西部に分布する。
背鰭基底が短く、ひげがあり、口が吻端より下面に開く。
藻類、水生昆虫などの底生生物を食べるのに適した口の形をしている。

ニゴイ150609-2




深いところを好み、河川では主として淵に集まる。
汚濁や富栄養化にも強い。

小骨が多いが肉質はよく、洗い、天ぷら、唐揚げにするらしい。
江津湖で釣り上げた時も、岡山から来た方に、フライにすると美味いので是非食べるように勧められた。




ヒットルアーは、スミスのPURE 3.5gゴールド。

ニゴイ150609-3


2015/6月撮影 江津湖にて


参考:
ニゴイ 河川生態ナレッジデータベース(国土交通省国土技術政策総合研究所)
http://kasenseitai.nilim.go.jp/index.php/%E3%83%8B%E3%82%B4%E3%82%A4








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog