2009.07.31    カテゴリ:  魚類 

   オイカワ

江津湖でもポピュラーなオイカワだが、捕まえたいと思いつつ、手網ではなかなか捕れなかった。
釣るか、ビン漬けでもしようかと考えてたところで、目の前のおじさんが釣り上げてくれた。

オイカワ1-090731

婚姻色の立派なオスだ。顔が黒くなりあごには追星が見える。
ヒレはピンク色。

普通ハエと呼ぶが、婚姻色が鮮やかなオスは特にアカタバエと呼ぶ。

オイカワ2-090731
オイカワ3-090731

体長15cm。
河川の上流域、中流域、湖沼など広く見られる。
砂礫底質のある程度流れのある環境を好む。
水生小動物から付着藻類までなんでも食べる雑食性。
産卵期は5~8月で、水のきれいな砂礫底の浅い場所で産卵する。

通常体色は全身銀白色で、カワムツに比べるとスマート。
産卵期のオスは非常に美しい婚姻色を呈し、臀びれが大きくなる。

川釣りの対象魚として昔から人気が高い。

幼い頃、家族で夜の江津湖にホタル狩りに出かけた。
その時、産卵のためか浅瀬にいたオイカワを、父が捕まえてくれた。
ちょうど写真のような立派なオスだった。

2009/07/31撮影
参考文献:新装版 山渓フィールドブックス2 淡水魚 山と渓谷社







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog