2009.07.27    カテゴリ:  昆虫類 

   ムスジイトトンボ<六筋糸蜻蛉>

ムスジイトトンボ01-090621

6月21日の朝方、中之島公園の周囲の、マコモなどが茂る水際に、たくさんのイトトンボが舞っていた。水深は50cmくらい。

クロイトトンボやアオモンイトトンボのつがいが目立つ。

ムスジイトトンボ03-090621

ムスジイトトンボと思われるイトトンボがいた。
写真は多分オスだが、メスの黒い肩の筋が、左右合計6本あるのでこの名が付いたらしい。
4月から10月にかけて、平地の植生豊かな池沼で見られる。

それにしてもクモの巣が多く、トンボにとっては危険な空間だ。

ムスジイトトンボ02-090621

種類は分からないが、イトトンボが羽化した後の脱皮殻(羽化殻)もたくさんあった。
ヤゴも、植物の根際でたくさん捕れた。

2009/06/21撮影
参考文献:トンボのすべて改訂版 井上清・谷幸三共著 トンボ出版

こんにちは!
同じトンボの中でも
このトンボはなんか可愛くて
好きです(笑)
イトトンボの色がいいですね!
涼しげ!!
そうかートンボになる前に
いろいろ難関が待ち受けて
いるんだー --、






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog