2014.08.16    カテゴリ:  魚類 

   夏の湧水地

 
8月15日早朝。
くもり空と、ときおり小雨。

 
yusui140815-1.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f7.1 1/50秒 ISO500 UFL-1(TTL)


江津湖はかんがい期になると下流にある野田堰が閉じられ、
水位が約40cm上昇します。

それまで浅かった湧水地は深くなり、多くの魚類が回遊してきます。




最も目立つのは放流されているアユ。全長10~20cm。
本川上流の瀬にはもっと大型の個体が縄張りを張っています。

ayu1-140815.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(14) f7.1 1/180秒 ISO800 UFL-1(TTL)





ゆったりと泳ぐのはウグイ(地方名イダ)。全長20~40cm。

ugui140815-062.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f7.1 1/180秒 ISO800 UFL-1(TTL)


ホザキノフサモの林にもウグイ

ugui140815-112.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(54) f8 1/160秒 ISO640 UFL-1(TTL)




オオクチバス。全長40~50cm。

bass140815.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f5.6 1/100秒 ISO800 UFL-1(TTL)

bass140815-2.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(35) f8 1/100秒 ISO800 UFL-1(TTL)




なかなか近寄れないスズキ

suzuki140815.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(38) f8 1/160秒 ISO640 UFL-1(TTL)




コイ

koi140815.jpg
E-620 ZD14-54mmⅡ(25) f5.6 1/80秒 ISO800 UFL-1(TTL)

2014/08/15撮影 江津湖にて


参考文献:今辻銀二、市川勉、荒牧 昭二郎「熊本水前寺・江津湖における湧水の変動とそのメカニズムについて」東海大学紀要産業工学部1号50頁(2008年)

撮影メモ
・水中での姿勢
・フラッシュが弱すぎる






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog