2014.07.10    カテゴリ:  保全活動 

   意見募集 「江津湖に関する条例」 (再掲)

 
熊本市が意見・提案を募集している
「江津湖地域における特定外来生物等による生態系等に係る被害等の防止に関する条例(素案)」
のパブリックコメントの締切が7月19日(土)となっています。
(タイトルが・・ 長い・・・ )


 ⇒ 熊本市 江津湖の条例に関するパブコメのページ

意見をお持ちの方は是非提出してみてください。


この条例にある「市民」とは、
「市内在住者、市内への通勤者及び通学者、レジャー利用者」を指すようです。

お散歩などで通われている方、ボランティアの方、研究者の方などから見て、
素案の内容はどんなでしょうか?

近隣住民さん


再度、コメントありがとうございます。

ご参考までに、ゾウさんプール内にもテラピアはたくさん入っていますし、図書館裏の池でさえも同じです。ゾウさんプール内だけで繁殖し生きていける在来種というのも限られます。
また、加勢川上流の東浜屋あたりや洗濯川と呼ばれる藻器堀川(水前寺公園あたり)にさえも多くはないですがバスはいます。

在来種には、早瀬を好む種、緩やかな流れを好む種、止水を好む種など様々で、上流エリアだけに住めというもかなり乱暴で現実的ではないと思います。

私は研究者や専門家ではないので無責任な言い方になりますが、
江津湖の在来種は、卵や稚仔魚の時代にはテラピアやギルに食われ、生き残って成長してもバスやハスに食われる危険にさらされていると感じています。そういう状態が続いたら、もともと数が少ない種なんて姿を消してしまうのではないでしょうか。

ということで、継続的に外来種の駆除を続け少しでもマシな状況にシフトできれば良いほうかと。
ご丁寧にありがとうございます。

確かに公園管理の方の業務(巡回指導)が増えそうな気がしますね。
ただでさえ公園の管理が大変なのに効果も見えない条例のために心労を患われないか心配です。
琵琶湖や他の先行地域の裏事情を聞くと、バス回収ボックスの悪臭の問題やペットの糞を捨てたり釣り針、花火BBQや空き缶などマナー違反があり、性善説で進行した条例が思わぬトラブルを招いているそうです。
そういったバスとゴミの回収ボックスの管理も増えるのかもしれませんね。

私も中校生のころはよくバス釣りに行っていましたがあのころよりずいぶん人が減りました。
江津湖は人が多くフィッシングプレッシャーが高いと言う人もいますが、溜池などに比べるとそんなことはなく、人の多さより水の透明度がそうさせてるように感じています。
木のそばで団子になってると足元まで寄ってくることが多かったです。
釣りは魚へのダメージがおおいですから釣り人が減れば当然ブラックバスが増えると思います。


最近は江津湖より浜戸川、三日月湖へ行く人が多いようなので(釣り具屋情報)規制ができればすぐ近くなので小・中学生以外の釣り人はそちらに移動していくのではないかなぁ~っと思っています。
江津湖は、加瀬川から遡上してきたバスの産卵床となってるので春の釣り人が減ればもしかしたら爆発的に増える危険性がありますね。。。
ちょっと心配です。
ただ、散歩で眺める限りではティラピアが目立ちます。大きくなりますし不気味ですので気になります。

ただ、どんな肉食魚でもそうですが、種を絶滅させるほど食べる魚なんてほとんどいないそうです。
外来種の駆除と在来種の保護を並行していかないと厳しいんじゃないかなぁ~っと思っています。
上江津湖の上流エリアなどで在来種とすみわけができればいいのですが。
象さんプールなどあれくらいのエリアであればバスの締め出しとかできそうな気もしないでもないです。

条例を作って解決。ということでなく市民の意見を反映したものになればと願っています。
まっちさん

バス釣りもよいですが、カダヤシを(釣りで)駆除できる人はまっちさんだけです!!
がんばって下さい(爆

バス釣り人が減ると、バスへのプレッシャーも減って、その結果どうなるのか気になります。

条例には賛成ですが、子供らがこれまで通り釣りや魚採りを自由にできるのかどうか、
本当はその辺もスッキリさせて欲しいところです。
私は4月からバス釣りをデビューする予定です(爆)。もちろん滅びることはあり得ませんが,この条例により,バスが減るならば,それを釣ろうとする人も減っていくはずなので,その様を見届けたいと思っています。

江津湖の在来種・・・確実な所でタカハヤぐらいしか思い浮かびません(爆)。
近隣住民さん


ご意見ありがとうございました。
おっしゃるとおり、川はどこまでもつながっているので、魚も植物も駆除は無理ですね。

入ったらおしまいなので、オオタナゴ(要注意外来生物で通販で購入可)なども規制対象にいれて欲しいです。できれば、九州島全域で規制して欲しいです。

江津湖での一部隔離は、洪水時にこれだけ水位が上がって魚が自由に移動できることを考えると、難しいかと思います。
個人的には、養殖のような形で守るのではなく、時間がかかっても生息場から整えていつかはという感じがします。在来種が減っているのが100%外来魚のせいとも思えません。

最後のご意見は私も同感ですが、政治的な問題はいっても仕方がないですね。
形式的になって、一生懸命やられている公園管理の方の事務作業が煩雑にならないよう願っております。

結局、江津湖って川ですので、駆除は無理だと思います。
それより江津湖の一部でも隔離して、在来種の保護にお金を使った方がいいと思いますけど。
いかがですか?

現状案ですと、巡回する業者と駆除できないブラックバスを駆除する漁協丸儲けのような気がしますね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog