2014.03.15    カテゴリ:  江津湖とは 

    市民のオアシス江津湖 ~1985年ごろの記憶から(2)~

 
夏になると、みな水着、水中眼鏡、魚捕り網を持って江津湖に行きます。

たいよう090809 あさば120505




夫婦岩や橋の上から飛び込み、
体が冷えると太陽で温まった岩の上に寝転がる、というとても単純な遊びです。

なつのみち110826 110826-106.jpg




魚捕りはもっぱら、壊れかけた石垣の下や、土手の中を流れる小川の岸辺を網で探ります。
フナヤマソバエアブラメ、ビンタ、ドンカッチョアメリカザリガニスジエビカッツンエビがたくさん捕れ、時にはナマズが入ります。
捕った魚はバケツに生かしておき、家の水槽に入れて飼います。

みずあそび090905 かわむつ101112



釣りはフナ釣り、コイ釣りもやりましたが、もっぱらハエ釣りです。

釣ったハエは佃煮にします。

料理するには、魚の数をある程度揃える必要があるのですが、子どもには早瀬を泳ぐハエ釣りは少し難しいものです。そのため、当時上江津湖の岸際で簡単に釣れていたビンタで数を補います。淵の岩のまわりがポイントです。


水底をゆっくりと泳ぐビンタの口元に餌(サシ)を落とすと、何度か追いかけてきてついばみます。ビンタが餌を口に入れたところを見計らって合わせを入れると、子どもでも簡単に釣れます。あと5匹、あと3匹、と粘って日が暮れ、親からは腕に腕時計をつけられ、5時までに必ず帰ってくるように言われましたが時計を水没させる始末です。

前島釣具店 石垣の岩




ハエ釣りのおじさんをまねて、私も練り餌をつけたヘラを口にくわえて釣りをしました。
父は、砕いた落雁(らくがん)、さなぎ粉、砂糖を酒で練り込んで練り餌を作ります。しかし落雁はなかなか手に入りにくく、私は代わりに小麦粉、マヨネーズ、カレー粉を混ぜて練り餌を作りました。


時々釣り針が服に引っかかりますが、針を失いたくないので服の生地を切って針を外します。
なので私の服は変な所に穴があいていました。


ビン漬けを夕方に仕掛け、翌朝引き上げに行くこともありました。ビン漬けのエサは、赤土とさなぎ粉を混ぜて使いました(父は赤土よりも炒ったヌカがよいといいます)。
翌朝何も入っていないこともありましたが、仕掛けているだけで期待に胸が膨らみました。



※1 文中に示した以下の魚などの名前は地方名で、カッコ内は標準的な名前です。
ヤマソバエ(=カワムツ)、アブラメ(=タカハヤ)、ビンタ(=タナゴ類の総称)、ドンカッチョ(=ドンコ)、カッツンエビ(=ミナミヌマエビ)、ハエ(=オイカワ)

※2 熊本県内水面漁業調整規則には「熊本市中央区出水二丁目画図湖二つ石から同市東区江津一丁目江津斉藤橋下流端までの区域内においては、さおづり(爆弾つりを除く。)以外の漁法により水産動植物を採捕してはならない。」とあり、上江津湖での網による魚類等の採捕は禁止されています。また、熊本県内ではビン漬けの使用が禁止されています。
子供時代はそうした規則を知らないままのびのびと遊ばせてもらいました。








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog