2014.02.08    カテゴリ:  保全活動 

   「江津湖における生物の多様性の保全に関する条例」案

 
市長のノートによると、
「江津湖における生物の多様性の保全に関する条例」案、
つまり江津湖に関する条例のたたき台のようなものが、職員研修の一環で作られているようです。

子供らが自由にのびのびと遊ぶことのできる江津湖。
いつの日かよい条例ができることを期待しております。


参照:コウヤマノート 2014年2月7日
おいかわ丸さん

ご無沙汰でございます。
市長はとても頑張ってくれているようです。
しがらみの多い土地ですので油断できませんが、他所産魚類の無謀な放流をやめる方向になればと期待しています。あと、魚類の採取禁止とか釣り禁止とか間違った方向にならなければと思います。特に子どもはドンドン川で遊ばせるべきです。
これはいい研修ですね。政令市としてがんばってほしいものです。
それに比べて我が県は・・ なかなか難しいです。
こういうのは首長が良いとなったら進むので、良い方向に進んで
欲しいものです。江津湖もそろそろ限界ですしね・・






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog