2013.08.15    カテゴリ:  江津湖以外 

   夏の魚とり(江津湖以外)

 
夏休みをとることができたので、
熊本県内小河川へ向かいました。

妻は冷房の効いた車内で珍しく読書。
子供の相手は私の担当で水遊びします。


次男と私とは遊び半分の魚とりです。
採れた獲物は、


アリアケギバチ(幼魚)
ariakegibati1.jpg



アリアケギバチ(幼魚)
ariakegibati2.jpg


カワムツ
kawamutu.jpg


ムギツク
mugituku.jpg


アリアケスジシマドジョウ
sujisimadojyou1.jpg


アリアケスジシマドジョウ(幼魚)
sujisimadojyou2.jpg


ナマズ(幼魚)
namazu.jpg



オイカワ
oikawa.jpg



その他、ギンブナです。



魚とり以外にも、
子どもたちといろいろできて良かったです。





2013/08/11撮影 熊本県内小河川にて

どぜうさん

ご訪問ありがとうございます。

子ナマズでも鯰殿は鯰殿ですね~。
フィッシュイーターは貫禄があります。
ナマズは幼魚でも貫禄のある顔立ちですな〔笑〕
江津湖だいすきさん


お疲れ様です。
この小川は、こんなのが普通に捕れてしまうよい場所です。
熊本はまだまだ自然が残っています。

江津湖だいすきさんの近所でテナガエビが釣れる環境もうらやましいです。
テナガエビがいるということは、海と行き来が自由で、
何らかの餌と隠れ家があるということですね。

古くから農業が盛んな熊本は伝統的な用水路も多く、
魚にもよい住みかになっていますね!


それはそうと、うちの子らも、
そろそろ宿題をスパートかけないとやばそうです。
魚たちの種類の多さに驚きました!
こんなきれいな小川に一度行ってみたいものです!

近所の用水路でテナガエビ釣りをする長男が、試しに
用水路の底を網ですくったそうです。いつも橋の上から
釣るので、間近で見たかったんでしょう。
底のどんなエサを食べてるのか、どんな岩や水草があるのか
ワクワクしたんじゃないですかね。

そしたら「ホント何~もなかった…」と言ってました。
何度すくっても、小さな貝とムギツク(らしき縞々の)が
1匹だけ。「あそこでエビが釣れる方が不思議だよ…」と。
何とも寂しい現実でした。

水質検査用のパックテストを買ってきました。
もうちょっと調べてみるそうです。

こんにちは、
カマキリさん。

ちっこいのはまだまだかわいらしいですね。
どれもかわいいサイズですね
我が家にはギバチがいますが
やっぱりアリアケギバチは綺麗です。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog