2009.06.29    カテゴリ:  植物 

   オキチモズク

オキチモズク090626-1
オキチモズク090626-2
オキチモズク090626-3

電車通りの砂取橋の上から、うっかりものを落とした。
それを拾おうと加勢川に下りた時に、偶然、赤色の藻を見つけた。

何年か前に、熊日新聞に紹介されていた珍しい紅藻類のことを思い出した。
オキチモズクであってるかな?
仮定で話を進めます!

本来南方系の種で清澄な流れに産する。
愛媛県川内町のおきち泉で最初に発見されたためこの名が付いた。おきち泉、長崎県土黒川、熊本県南小国町志津川の3カ所の産地は、国の天然記念物に指定されている。
オキチモズク自体も、なにやら希少ということになっている。

それにしても、この場所に下り立ったのは20年ぶりくらいだった。ここの流れがこんなにきれいになっていたとは、全然知らなかった。そっちの方が驚きだ!
かつては、どぶ川みたいにノロノロだった・・・。

オキチモズクは秋に発生して冬から春にかけて繁茂するというので、その時期にまた見に来よう!

2009/06/26撮影
参考文献:藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類 堀輝三編(内田老鶴圃)
kensuke^^kさん、おはようございます!
いつもコメントありがとうございます。
おはよーございます!
絶対そうかもしれません^^
きれいな水のパワーをかんじますね!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog