2012.12.23    カテゴリ:  鳥類 

   クロツラヘラサギ


熊本の父から所用で呼び出されました。
夜の間に用を終わらせ
翌日江津湖へ。



妻との交渉に大敗を喫し子連れとなりました。
冬の水中撮影はおあずけです。



この日熊本の最高気温は6.7℃。



kurotsuraherasagi121223-0.jpg


歩いていると、
すれ違った方からクロツラヘラサギがいることを教えてもらいました。




カモ類やユリカモメに混じり
クロツラヘラサギはいました。



浅瀬に片足でたたずんでいます。

顔を羽にうずめて、
寒さをしのいでいるように見えます。


kurotsuraherasagi121223-1.jpg




コウノトリ目トキ科クロツラヘラサギ。

全身が白く、くちばしと足は黒く、
くちばしの先は長くへら状です。

kurotsuraherasagi121223-2.jpg



エサは魚類や甲殻類などだそうです。



東アジアに生息し、全世界に約2,000羽しかいないとされ、
世界的に絶滅が心配されています。


日本では冬鳥または旅鳥。

日本野鳥の会によると、
日本における2011年度の記録個体数は270羽です。
江津湖でも小数が越冬。


環境省レッドリストおよび熊本県レッドデータブックでは、
絶滅危惧ⅠB類です。






神水まで歩くと2歳の三男が寝ました。

約10kgの子供を片手に抱え戻ります。
重いです。





今度はぞうさんプールにいました。

kurotsuraherasagi121223-3.jpg




先ほどと同じ個体でしょうか。
私の100mm相当のレンズでは、これが精いっぱいです。

kurotsuraherasagi121223-4.jpg




野鳥にとっては、釣り糸も危険なワナ。
からんだ釣り糸の処理には気をつけなければいけません。


2012/12/23撮影 江津湖にて



参考:
公益財団法人 日本野鳥の会 『クロツラヘラサギ調査研究プロジェクト』
環境省レッドリスト 鳥類 (環境省 平成24年8月発表)
改訂・熊本県の保護上重要な野生動植物-レッドデータブックくまもと2009- 2009年9月 熊本県
・日本の野鳥590(平凡社)

 






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog