2012.10.06    カテゴリ:  魚類 

   ムギツク

9月23日の江津湖。



ezuko120923-551.jpg




強い流れでありながらも、
少し深くなったところにムギツク(地方名 コモソバエ)がいました。

mugituku120923-321.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f9 1/200秒 ISO640



ここは護岸の根の部分に木工沈床が用いられ、
栗石(ぐりいし)や木杭が沈められています。

mugituku120923-330.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(14) f9 1/200秒 ISO640


ムギツクはこうした障害物の周りでよく見かけます。

mugituku120923-313.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f9 1/200秒 ISO640


mugituku120923-323.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(54) f9 1/200秒 ISO640



また別の場所の大岩の周りでも数匹のムギツクが泳いでいました。

mugituku120923-492.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ(47) f10 1/200秒 ISO800


私が子供の頃は、
ぞうさんプールの岩の周りで小さなムギツクたちがよく餌をついばんでいました。
練り餌による投げ釣りでもまれに釣れることがありました。

ムギツクは江津湖では数が少なくなり、
出会う機会がなかなか少なくなりました。
ずっとwantedな魚だったので、
ピンぼけといえども少し嬉しいです。


そして、また勢力を吹き返してもらいたいものです。



2012/09/23撮影 江津湖にて


参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所










トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog