2012.10.04    カテゴリ:  昆虫類 

   ミヤマアカネ

9月23日の加勢川上流。
かつて江津川とも呼ばれていました。

ezuko120923-349.jpg


上の写真とは違う場所ですが、ベニイトトンボのいた湖畔の湿地帯に、
ミヤマアカネ(トンボ科アカネ属)の♀がとまっていました。

miyamaakane120923-3.jpg
(防水ポートのガラス面に水滴がついた状態で撮っています)


個人的には江津湖でミヤマアカネを見るのは、3年ぶりです。

もう少し見渡すと、
胴体が真っ赤な♂もいました。

miyamaakane120923-4.jpg

ヤンマやサナエトンボと比べると少し小型で、
コンパクトなサイズのトンボです。

それでも
真っ赤な胴体や羽の紋様(褐色帯というらしい)が華やかな印象を与える
美しいトンボです。

miyamaakane120923-5.jpg


和名は深山(みやま)にすむアカネ色をしたトンボという意味ですが、
深山よりもむしろ里山のふもとに多いそうです。


2012/09/23撮影 江津湖にて


参考文献:日本産トンボ幼虫・成虫検索図説(石田昇三・石田勝義・小島圭三・杉村光俊著 東海大学出版会)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog