2012.09.29    カテゴリ:  魚類 

   カワヒガイ

9月23日。

季節柄の湧水量の増加、梅雨の大雨、それと野田堰の試験運用のため(?これは未確認です)、
水位が今までになく高い江津湖。

ezuko120923-180.jpg



鱗のはげたカワムツが泳いでいると思っていたのですが、
よく見るとカワヒガイでした。

kawahigai120923.jpg
E-620 ZD14-54Ⅱ f9 1/200秒 ISO640



カワヒガイはタナゴ類と同じく淡水二枚貝に産卵します。
タナゴは貝の出水管から産卵し、カワヒガイは入水管から産卵する点が異なります。



この一枚を撮った後、カワヒガイは逃げてしまいました。

しばらく時間をおいて様子をみましたが、
残念ながら戻ってきませんでした。


2012/09/23撮影 江津湖にて
里山人さん
ご訪問ありがとうございます。

里山人さんこそ、
鳥や昆虫をよく遠くからきれいに撮られていますね。カメラも観察する眼力もすごいです。私にはない技術ですね。
若くして、くまもんの故郷に貢献されていますね(笑

カワヒガイは珍しい魚ですよね。江津湖で2009年に初めて見て以来、時々見ます。

近くにまとまって生息する場所もあります。

ちょうど11/1にカワヒガイの記事をアップ予定ですのでご笑覧下さい。

里山人さんのサイトも楽しみにしてます。
以前は、コメントをいただきありがとうございました。
"里山人雑記"を書いている里山人と申します。
水の中で生活する生き物の姿をそのまま捉えた水中写真、いつも興味深く拝見しています。
ほんとに綺麗に撮影されているので、川の中に入っているような気持ちになれて楽しいです。

カワヒガイはまだ江津湖にいたんですね!
図鑑などで見たことがあるのみで、実物を見たことがないんです。
外来種の侵入など、いろいろと影響が大きくなってきていますが、どうにか生き残って行ってほしいものですね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog