2012.09.15    カテゴリ:  江津湖以外 

   緑川水系上流にて

緑川の上流部にある熊本県山都町。
ここに小笹円形分水という分水工(円筒分水工)があります。

120901-211.jpg


古くから農業の水争いがあった地域では、
正確な水の分配がとても重要な課題であったようです。



円形分水工は、円内の隔壁の角度に応じて、常に一定比率で分水するための工夫です。
小笹円形分水は1956年(昭和31年)に完成しています。

2012-09-01 15-09-09_250




笹原川から水を引き、中央の円筒内から水を湧出させ、
外側の隔壁で分けた水は各水路へと流れます。


2012-09-01 15-09-46_253




一方の水路の水は
通潤橋(国宝・国指定重要文化財)を通って白糸台地へと流れていきます。

kumamon-to-tuujyunkyou.jpg




通潤橋は、今から158年前の1854年(安政元年)に建設された、
国内最大規模の石造水路橋です。
肥後国の誇りといえます。

そして”通潤用水と白糸台地の棚田景観”もまた、
重要文化的景観として指定されています。


2012-09-01 13-38-33_192



この日は山都町で八朔祭りが開催されており、
その初日と言うことで多くの人で賑わっていました。


2012-09-01 11-58-31_062
2012-09-01 12-05-00_083




まだ電気も自動車もなかった時代、
地元の人はこの橋をどのような気持ちで見ていたのでしょうか・・・。


2012-09-01 12-46-14_149


2012/09/01撮影 熊本県山都町にて


参考:
山都町公式ウェブサイト
国指定文化財等データベース(通潤橋)
国指定文化財等データベース(通潤用水と白糸台地の棚田景観)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog