2012.07.23    カテゴリ:  古人に学ぶ 

   小橋一雄 折ふしの記 ”川ざかな”より抜粋 (穴釣り)

小橋一雄氏著の「折ふしの記」より引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 穴釣り


 二尺位の細い釣り竿に、ウナギ針を短くつけ、ミミズを刺し、川岸のウナギのいそうな崖穴に突っ込む。奥の方でグイと手ごたえがあったら、ソロリソロリ手元に引っぱりよせ、左手の人差指、薬指、中指の間にウナギを引っぱり込む。
 
 指で胴の処をキュッとしめつけ、動けないようにしてから、右手で針を取り、左手で腰の「ビク」に押し込む。もし「カニ」が食いついた時は、穴の口もとまで引きよせ、カニの甲羅が三分の一位出たとき、左手の「モリ」でグサッと突きさして獲る。優越感と言うか、征服感と言うか、何とも言えない嬉しさがこみあげてくる。



びくのウナギ120408
2012/04/08撮影 江津湖にて



引用:
折ふしの記 小橋一雄 昭和53年3月31日初版発行 p.134 川ざかな-穴釣り-
名無しさん、方法はいろいろですね。

場所は土用の丑の日だし、謎のままがよいでしょう。水の綺麗な辺りで釣り人に聞けば教えてくれるはずです。
このウナギの写真どこで取ったんですか?教えて下さい!!あと、ウナギの変わった仕掛けで、多摩川で時々やられる釣りらしいんですけど、夜、糸の先に30cmくらいの針金を結びつけてそれにみみずを頭からしっぽにかけて3びきくらい串刺しにしてそれを針がねごと曲げてぶっこみ、あたりを待ちます。あたりがあったら、ゆっくりと手前によせます。そしてちかずいてきたところを網ですくうという釣りです。針を使わないのでうなぎをきずつけないそうです。東京へ旅行に行ったとき、これでほんとーにつれるんかいな!と思ってましたが、おじいちゃん(他人)はちゃんとつれてました。すごい・・・







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog