2012.05.12    カテゴリ:  植物 

   ブラジルチドメグサの遡上

5月4日。
菊池川水系の水辺プラザかもとでは、
ご覧のようなブラジルチドメグサの繁茂ぶり。
強力過ぎる外来の植物。

kamoto120504-3.jpg
kamoto120504-1.jpg
kamoto120504-2.jpg
▲ 2012/05/04撮影 山鹿市水辺プラザかもとにて



江津湖では、昨年春よりブラジルチドメグサが確認された。

自分の知る限りでは、これまで、
江藤ボートハウスの上流(大曲)を上流端として、
その下流で生育を広げていた。

それが今年の5月5日に、加勢川左岸、ぞうさんプール流れ出しよりやや上流にあった。
分布範囲が上流側に広がったことになる。

そのうちに、芭蕉園や水前寺公園までさかのぼり、広がりはしないか。


eduko120505.jpg
▲ 2012/05/05撮影 上江津湖加勢川左岸にて




鴨などの水鳥により、種子が上流へ運ばれたのかもしれない。
(以前、熊本の伊東麗子氏によりその可能性が述べられている)

もちろん、直ぐに抜き取ったが、必ず根が残り、1ヶ月後には旺盛に広がる。


江津湖も、水辺プラザかもとと同じような状態になると思うと怖い。


他の絶滅危惧種植物はどうなるのか。
たかが水草、されど水草、
スペシャルな対策が必要だと思う。



2012/05/04-05撮影

参考文献:
菊池川に繁茂するアマゾンチドメグサ 伊東麗子 BOTANY No.51 平成13年12月 熊本記念植物採集会 p.133
ドンカッチョさん、
ブラジルの件はありがとうございます。
福岡からあまり行けないので、助かります。

熊日の展示は、企画が終わる前に行ければと思っています。

大先輩ということで恐縮ですが、
よろしくお願いします。
どうも。
1946年生ですから、ちょっと先輩ですね。

ゾウさんプール流れ出し付近のブラジルは、先週除去しておきました。
時々見回ることにします。

熊日新聞博物館に行ってきました。「県都の歴史と水の国」ということで
江津湖や水前寺の古い写真が展示してありました。ご参考までに。
ドンカッチョさん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

出水小のご先輩でしょうか、それともご後輩でしょうか。
ゆうすい会のご活躍には、頭が下がります。

また、ブラジルの駆除もありがとうございます。
私も5/27にもとったのですが、直ぐに生えたのでしょう。
この時期ですから生長が早いです。

時には、飛び入りでお手伝いできればと思います。


またコメントいただければありがたいです。
はじめまして。出水小学校卒業、江津湖ゆうすい会メンバーのドンカッチョです。
きれいな映像を拝見していますが、本当に川に浸かっているんですね。

6月2日ブラジルを現場に行って確認してきました。ヨシの根株と一体化しているので、掘り上げるしかないですね。

ちょうど1年前、神水湧水池上流でブラジルとタイワンがセットされたもの2株を見つけ、除去したことがあります。状況から悪意を感じました。

一度入ったものは、息長く除去活動を継続するしかないようです。

今後とも、江津湖の現状を映像でお知らせください。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog