2012.04.09    カテゴリ:  江津湖以外 

   春の小川とシビンタ

桜が咲き誇る季節。

sibinta3.jpg

水面をのぞくと、
小魚の群が泳いでいる。

sibinta4.jpg


オイカワが赤や青色をまとっている。
魚たちの恋の季節。






江津湖から遠く離れた水路で、
運良く、シビンタを捕まえた。


どれも全長4-5cm程度と小さくて目立たないが、
目を凝らすと宝石のような姿形をしている。


一つ目は薔薇色のタイプ。

sibinta-5.jpg
sibinta1.jpg


繁殖期のオス(写真上)は婚姻色をあらわし、
メス(写真下)は産卵管を伸ばしている。





次は、淡水魚で最も美しいと言われるタイプのシビンタ。



sibinta2.jpg

上がオスで下がメス。
九州北西部のみに生息する固有種。




これらの魚は、繁殖方法が少し変わっていて、
イシガイ目二枚貝の中に産卵する。

しかし現在の江津湖では、産卵床となるドブガイイシガイなどの二枚貝は少ないようだ。
なので、シビンタもかなり少ない、というか、ほとんど見ない。


地元の古老から、
以前の江津湖にはシビンタがたくさんいた、
という話を聞くと羨ましいような、悲しいような
複雑な気持ちになる。


2012/04/07-08撮影 江津湖とそこから遠く離れた水路にて
寅さん先生、どうもありがとうございました。
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2012.04.17 17:24  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog