2012.04.27    カテゴリ:  古人に学ぶ 

   堅山南風 想い出のままに より抜粋

津々堂様のブログにヒントをいただき、
堅山南風の著書を読んだ。



熊本市出身で、
昭和の代表的な日本画家である堅山南風(明治20年~昭和55年)は、
江津湖の魚を描いたことがある。

堅山南風は著書「想い出のままに」の中で
次のように書いている。
以下、引用。





「大正十三年、前記の山中神風君と二人で故郷の江津湖畔の知人の別荘に滞在して、絵を描くことになった。江津湖は阿蘇からの地下水が滾々と湧く水前寺を水系としている清浄なる湖水で、熊本人遊山のところだ。この湖水で漁獲を業としている者が五十人近くいる。私達は彩管の合間、その漁船に乗せてもらうのを楽しみにした。鯉、鮒、鮠(はや)、鮎、たなご、地方名イダ、あるいはウグイとセイゴなども獲れた。私をそれを写生しているうちに、ふと前述の蘇山先生の事を思い出した。ここの魚類を題材にして出品してみようと描写したのが五連作の「魚楽図」だった。「魚遊ぶは楽しむ也」というのが中国の古詩にある由を教えてもらったので、題材にした。これがどうにか物になった。」






これは是非、”魚楽図”を所蔵する横浜美術館へ行ってみたい、
と思っていたところ、
熊本近代文学館で「江津湖の文芸展」が開催されてており、
堅山南風の色紙も展示されているようだ。

期間は平成24年4月25日~6月28日。



よかった。
まだしばらくある。




引用・参考:
想い出のままに 堅山南風 昭和57年9月10日発行 p.225 大震災と大観先生
ブログ「津々堂のたわごと日録」しびんた
熊本県立図書館・熊本近代文学館-温知館-ホームページ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog