2012.03.31    カテゴリ:  風景 

   芭蕉園と土筆(つくし)

加勢橋から、県立図書館を横目に加勢川沿いに下ると、
左手に芭蕉園がある。

この一帯は湧水の池を持つ日本庭園で、
比較的規模の大きな芭蕉林を見ることができる。

120325-248.jpg
120325-235.jpg


詳細については無知だが、
この庭園は江戸時代後期に造られ、
細川内膳家の住まい「砂取邸」や高級料亭「江津花壇」などを経て、
熊本県の公園に移されたようだ。

今は立派な県立図書館が背後にそびえる。

120325-246.jpg



湧水の湧き出し口近くには、
小さな水神さまが祀られている。

120325-259.jpg



午前中の強風も和らぎ、
温かい日がさした。

120325-264.jpg
120325-268.jpg


2012/03/25撮影 上江津湖にて

参考文献:
熊本市にある旧江津花壇(旧砂取邸)庭園の変遷に関する研究






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog