2011.12.11    カテゴリ:  鳥類 

   アオサギ

アオサギは、青みがかった灰色の背面を持つ大型のサギ。
全長が90cmを超え、日本産サギ類で最も大きい。


江津湖では普通にみかける。
大きく羽を広げて飛ぶ姿は優雅で、
ツルを連想させる。

ぞうさんプール横の野鳥の森などを、
ねぐらとする。



上流の流れの中で、
アオサギがエサを捕っていた。

100707-256.jpg
2010/07/07撮影


うまくオイカワを捕らえた。

100707-257.jpg
2010/07/07撮影


長い首を伸ばして、
ごくんと呑み込む。

100707-258.jpg
2010/07/07撮影


朝早い時間だと、
歩道に近いこんなところでもエサを探していた。

100717-10.jpg
2010/07/17撮影


草むらにジッとしているときは、
まるで気配を絶っているようだ。

堂々と背筋を伸ばしたその姿には、
貫禄さえ感じることがある。

100719-108.jpg
2010/07/19撮影


これは、一本脚のエイハブ船長。
まだ元気だろうか。

100815-091.jpg
2010/08/15撮影



このアオサギは一応野生なのだけど、
つり人から魚をもらうことに慣れている。

110409-088.jpg
2011/04/09撮影


ちなみに、成鳥では頭から首にかけての白っぽさが目立つが、
若鳥では灰色にくすんで見えるらしい。



参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 吉倉眞監修 熊本生物研究所
きのちゃんさん


コメントどうもありがとうございます。

江津にお住まいということで、
江津湖に気軽に行ける最高のロケーションですね。

私も20年前はそういう環境だったのですが、今は福岡です。
なので、日々の江津湖の状況でも教えていただけたら嬉しいです。

今後もどうぞよろしくお願いします。
はじめまして。
江津在住のきのちゃんと申します。

先日、このBlogを発見し嫁さんと食い入るように全ての
記事を拝見しました。
お世辞ではなく過去最高に色んな意味で面白いBlogだと
思います。 急に思い立って家族で本日、江津湖に遊びに行き
網をふり魚を採って遊びました。 大変楽しかったです。
きっかけをいただきありがとうごあいました。

それと、エイハブ船長?は先週、嫁さんと散歩していると
釣り人から魚をもらっている姿を拝見しましたよ。
あっ あの鳥、右足の先がないねぇ~と会話しましたから
間違いなく現在も元気です。

綺麗な写真、詳しい説明 最高です。
今後も、常に拝見しますので
よろしくお願い致します。

ヤマトドジョウ?とバラタナゴを掬いたかったのですが
甘かったです。 かすりもしませんでした。。
津々堂さま、ご訪問ありがとうございます。津々堂さまは父と同世代と思われ、これらの方々から色々昔話をコメントをいただくのを何よりの楽しみにしており、大変ありがたく思います。
私も幼少期の記憶(25年から30年前)をよりどころとして、ブログを書く時があります。あっという間のわずか30年ですが、江津湖の変化は著しいと感じています。

熊本市は来年4月に政令指定都市となり、県より管理委譲される広木地区もめて、今後市が江津湖全域の管理を行っていくことになります。これまで、熊本県造園建設業協会におられる、造園の本物のプロフェッショナルの方々が、素晴らしい管理をされているのをみてきました。これを熊本市が引き継いでいくことができるのかどうか、前々から一番心配しているところです。
私の熊本の実家周辺もそうですが、水や水路にからむ古くからの習わし(既得権)が健在で、江津湖にも常にそれらが係わっており、これからも変わることはないと思います。この点が最優先されることを危惧しているのは私だけではなく、じっくり注視していきたいです。また、都市化、乾燥化、外来種の移入などが進む江津湖周辺を今後どう保全していくのか、人の利用に関する新しいルールづくりなども必要ではないかと、よそ者ながら考えてしまいます。
江津湖の魅力を発信していただいて嬉しく拝見しています。私の少年期(60年ほど前のことですが)のいろいろな思い出が詰まった場所です。きれいな湧水、群れる魚や鳥、紹介していただいている全てが思い出に直結します。来年5/3~6/3まで政令指定都市誕生記念として上記のイベントが行われるそうですね。私も出かけてみようかと思っています。
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2011.12.15 08:41  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まっちさん、ご訪問ありがとうございます。
エイハブ船長は勝手な命名ですが、まだ元気ですか-。よかったぁ。
サッチャンは2代目という噂を有料なところで聞きました。
水辺にたたずむアオサギは人間っぽさがありますね。
エイハブ船長というのですね。ゴッド・ウォーター(謎)方面でまだまだ健在です。さっちゃんもかなりの高齢のはずですが,有料なところも近年ご無沙汰なので,私は識別できません。野鳥の森方面の営巣は,彼らの建造物と考えると,圧巻ですね~訪れたときはついつい写真を撮ってしまいます。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog