2011.11.24    カテゴリ:  昆虫類 

   ハネナガイナゴ

10月16日。

広木地区の公園のヨシに、
ハネナガイナゴのペアが逆さにとまっていた。

胴体よりも羽が長いのでハネナガイナゴである。

ハネナガイナゴ111016-1


コバネイナゴやハネナガイナゴなどのイナゴ類は、
かつて田んぼの害虫として恐れられた時代があった。

1950年頃から、
DDTやBHCといった有機塩素系の農薬を大量に使用したために激減したが、
近年は農薬の使用規制により回復傾向にあるという。

ハネナガイナゴ111016-2


体長は28-40mmほどで、メスの方が大きい。
写真も上に乗っかっている小さい方がオス。

ハネナガイナゴ111016-3

土中に産み込む卵塊で越冬し、翌春にふ化して成長する。

昔から優れた動物性たんぱく源として食べられてきたらしいが、
私は残念ながら食べたことがない。



2011/10/16撮影 下江津湖広木公園にて


参考文献:田んぼの生き物図鑑 山と渓谷社


ほんとワクワクしたものですねぇ
地元は福岡ですよ^^
いつもブログ楽しみにしています♪
龍さん、ご訪問ありがとうございます。
地元の方ですか?
イナゴでも、トンボでも、何にでもワクワクしたものでした。
子供の頃はイナゴやらトノサマバッタやらよく捕まえた気がしますが、最近は全然見ていないですねぇ
イナゴの写真を見て、子供の頃のワクワクを思い出しました!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog