2012.06.24    カテゴリ:  植物 

   沈水性のミクリ属

神水の水路には、
明るい黄緑色の水生植物がある。



ミクリ属110423-072
▲ 2011/04/23撮影
ミクリ属091224-260
▲ 2009/12/24撮影


ミクリ属の一種のようだ。


ミクリ属は抽水植物だが、
流れの速いところでは、沈水植物または浮葉植物の形をとる。

ミクリ属120527-189
▲ 2012/05/27撮影



江津湖でのミクリ属についての記録は、
ミクリとヤマトミクリがある。


花序で区別するらしいが難しいものだ。
ヤマトミクリナガエミクリという話を聞いたような気もするけど、
今後注意して見ていきたい。

ミクリ属120527-185
▲ 2012/05/27撮影






参考文献:
江津湖植生の生態学的観察 馬場美代子
新熊本市史 通史編第一巻 自然・原始・古代 新熊本市史編纂委員会編集 熊本市 p.216
阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる 清水正元著 朝日新聞社
川の生きもの図鑑 鹿児島の水辺から 鹿児島の自然を記録する会編 南方新社
鹿児島県産ミクリ属植物Sparganium L. の記録 丸野勝敏 Nature of Kagoshima VOL.38
東海地方ですか。はるばるご訪問ありがとうございます。
いいえ東海地方からです
画像が綺麗で、たまに閲覧させてもらってます
だんぎぼうさん、ご訪問ありがとうございます。
熊本の方ですか?
水草は生物にも、人間にも必要ですね。
はじめまして
こういった植物が水に揺られる姿って癒やされますねえ






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog