2011.08.11    カテゴリ:  植物 

   オオフサモ

オオフサモ(アリノトウグサ科)は南アメリカ原産で、
日本には1920年頃持ち込まれた、多年生の抽水植物。

オオフサモ090506-048


日本にあるのは雌株のみなので種子はできないが、
根茎で越冬し栄養繁殖で増えていく。


江津湖では、記憶のある限り昔から普通にある。

泥底の浅瀬などを覆っているところもあり、
茎が丈夫で長い。
魚捕りをするときは何となく邪魔な気がする。

オオフサモ090506-047
オオフサモ090506-046


特定外来生物に指定されている。


2009/05/06撮影 江津湖にて


参考文献:決定版日本の外来生物 多紀保彦監修 財団法人自然環境研究センター編著 平凡社







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog