2009.05.25    カテゴリ:  古い絵はがき 

   古い絵はがき(土橋)

絵はがき13-江津湖の土橋
絵はがき23-江津湖の夏
絵はがき16-江津湖の夕陽
絵はがき26-江津湖の夏

一番上の葉書には『江津湖の土橋』とタイトルがつけてある。馬が通っていたり、木造の小屋があったりと、時代を感じさせる写真だ。

この4枚は同じ橋だろう。斉藤橋だろうか。ホテイアオイがかかっている柵の様子から、小屋がある方が右岸だ。ということは、2~4枚目の後ろに見える山は金峰山のようだ。河畔の樹木はエノキか!?
右岸の江津塘と、左岸にあったという森林が割とよく分かる。

斉藤橋は俳人中村汀女の尊父、当時の江津村の村長斉藤清房氏が、昭和4年に私財を投じてかけた。人々はこれを斉藤橋と呼び二十年以上に渡り愛されたが、昭和三十二年と四十四年に架け替えられた。

私が小学生だった昭和50年代は、こうした土橋が所々に残っていた記憶がある。渡ったことはない。
渡ったことがある人はいますか?

参考文献:阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる 清水正元著 朝日新聞社
津々堂さま、ご訪問ありがとうございました。

あのエノキに登られていたのですね。私はその経験は全く・・・。現在の齋藤橋がかけられている位置が、土橋時代とは少し変わっているかもしれません。
フリー百科事典Wikipediaによれば、「土橋(どばし、つちはし、つちばし)は、一般には木の橋の一種で、橋面に土をかけてならした橋である。」とあったので、木橋と同じものだと思います。これからもよろしくお願いします。
当方サイトにコメント有難う御座いました。橋の左手に見える大きな木は榎木でしょうか、よく登ったものです。相当な樹齢だと思いますが、今でもありましたっけ・・・今度確かめてみたいと思います。
> かくびたんさん、寅さんの散歩道へのご訪問有り難うございました。江津湖の写真と記事全部見せて頂きました、中でも子供の頃の記憶が呼び戻されるような昔の写真大変懐かしく拝見いたしました、今でも奇麗だった江津湖の水の冷たさが皮膚に残っています、これからもよい写真を見せてください。

ごらん戴きありがとうございます。
古い絵はがきの写真はもちろん私が撮ったものではなりませんが、昔のことでご存じのことを教えていただければありがたいです。
よろしくお願いします。
昔の江津湖の写真よかですね、子供の頃を思い出しました、これからも宜しく。
かくびたんさん、寅さんの散歩道へのご訪問有り難うございました。江津湖の写真と記事全部見せて頂きました、中でも子供の頃の記憶が呼び戻されるような昔の写真大変懐かしく拝見いたしました、今でも奇麗だった江津湖の水の冷たさが皮膚に残っています、これからもよい写真を見せてください。
> おはようございます!
> 江津湖を愛してらっしゃるんですね
> 過去記事も
> 貴重な写真すべて見せてもらいました
> ^^k

見てもらってありがとうございます。
高瀬川のページ見ました。古い水路や橋を活かして、素晴らしい空間になっていますね。今度下りて見せてもらいますi-237
おはようございます!
江津湖を愛してらっしゃるんですね
過去記事も
貴重な写真すべて見せてもらいました
^^k
yuiさん、はじめまして。見ていただいてありがとうございます。
私にとっては記念すべき1通目のコメントです。
かくびんたさんこんにちは、足跡からきました(^_^)

素敵な写真ですね♪
今も変わらず見れる金峰山がグッときますね~。









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog