2011.06.22    カテゴリ:  魚類 

   スクミリンゴガイ

通称、ジャンボタニシ。

中南米原産の外来種。
江津湖や周辺の水路で見られる。

スクミリンゴガイ1-100501
スクミリンゴガイ2-100501
スクミリンゴガイ3-100501
スクミリンゴガイ4-100501
2010/05/01撮影

スクミリンゴガイ6-100521
スクミリンゴガイ5-100521
2011/05/21撮影

江津湖にて

こんばんはー。

言われるとおり、
あの赤い卵塊をそれほどは見かけなくなりました。

田んぼで使われている薬のせいでしょうか?
正しいことは分かりません。

カッパ堀にも時々卵がついてますので、
ゴシゴシこすり落としてます。

かわいそうですが、、


これは自分の子供の頃と比べると,かなり減っている印象があるのですが,何か対策が施されているからなのでしょうか?






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog