2011.06.14    カテゴリ:  風景 

   雨季

6月11日(土)から12日(日)にかけて、
熊本はかなりの大雨だったようだ。

土日あわせて365mmの雨が降っている。


下の写真は、1年前の7月の写真。
短時間で集中して降った後の様子。


小降りになり、
すぐに水が引き始めたカッパ堀。
道路が冠水しているが、見慣れた光景です。

大水1-100718




加勢川にかかる加勢橋付近の様子。

大水2-100718
大水3-100718
大水4-100718



上江津湖神水付近の様子。

大水5-100718
大水6-100718
大水7-100718

2010/07/18撮影 洪水が引き始めた江津湖にて(1年前)


参考:気象庁ホームページ

まっちさん

地元からのレポート、
大変ありがとうございます。
報道よりもよほど、熊本の洪水が実感できました。

謎かけも何とかクリアし、笑いこけました。

トーマスな建物(謎)が浮くとは、
確かにそのくらいでないと、
とっくに壊滅しているはずですよねー。

こんな時でも、
ウナギは釣れるんですねー。
いいなぁ~。

カッパ堀にも、
イロイロ上がってきているでしょうね。
今日は,流石に釣りは厳しそうなので,様子だけ見に行きました。
◆カメルーン代表な所(謎):橋の方の入り口は閉鎖されており,島は完全に水没していました(爆)。その場にいたおばさんに話を聞いた所,先週は橋の欄干のところまで水が来て,完全に水没していたそうです。ちなみにトーマスな建物(謎)は先週は完全に水没している形になるはずですが,何と浮くそうです(笑)。

◆サイババな所:鉄柵のところに水草が付着しており,完全に水没したようです。駐車場に万年駐車してある車の姿もなくなっていたので,駐車場も完全に冠水したと思われます。カワセミな所も水位が上昇して,上の写真の子ども達が遊んでいる二つの岩場も完全に水没して見えなくなっていました。

◆ドランゴン(謎):一番酷く、完全に水没しており,もはや近づくことすら出来ませんでした。しかし,うなぎ釣りの人々が頑張っており,入れ食い状態で,様子を聞いていると,何とツ抜けしていました(爆)。今年湖で初めて釣れたそうで,かなり興奮されていました。釣り道具をもってこなかったことが悔やまれました(泣)。

◆白川(二本木周辺):お気に入りの東庵にランチを食べに行く時,世安橋を車窓から眺めてみると,河原の木々が完全に水没していました。かつて植木市をしていた所は1mくらい水没している状況です。新幹線のインフラ整備で予算が下りたからかもしれませんが,数年前から,治水対策が施されていましたが,対策をしていなければ、決壊していた所もあったかもしれません。

◆かっぱ掘:ムスメのお迎えの時様子を見ましたが,何ともありませんでした(爆)。琴平付近の二の井手も普段と変わらないくらいだったので,住宅地の冠水を避けるために,大井手の水門を締めた分,白川の水位があがっていたのかも知れません。

以上,地元民のレポートでした。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog