2011.05.18    カテゴリ:  両生類・爬虫類 

   ツチガエル

霧のような雨の降る夜に、
割と大きめのツチガエルがいた。
湿地近くの土手で飛び跳ねていた。

ツチガエル4-110423
ツチガエル3-110422
ツチガエル5-110423
ツチガエル6-110423
2011/04/22-23撮影


ツチガエルはいぼが多いので、
イボガエルとも呼ばれる。

ツチガエル7-110423
2011/04/23撮影

鳴き声はギューギューギュー。
体長3~6cmでメスの方がやや大きい。

山地の渓流にも市街地の池などにもいる。
夜行性で、夜や雨の日に地上で昆虫やクモ類を捕まえて食べる。

通常は水辺にいて、驚くと水中に逃げる。

ツチガエル1-110408
ツチガエル2-110408
2011/04/08撮影

繁殖期は5~7月。
オスは岸辺で鳴きながらメスを待つ。

以前は江津湖近くの休耕田に多かったらしいが、
湖岸の田自体がなくなった今はどうだろうか。

夜行性なので姿はあまり見かけない。
ただ夜になると、ギュー、ギュー、という鳴き声が確かに聞こえる。


カエルの鳴き声にも耳をすましてみよう。


江津湖にて

参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所
ヤマケイポケットガイド24 日本野生動物 久保敬親 山と渓谷社







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog