2011.05.10    カテゴリ:  昆虫類 

   トウヨウモンカゲロウ

トウヨウモンカゲロウと思われる
複数の大型のカゲロウが、
水辺の植物から植物へと飛翔を繰り返していた。

羽化してから間もない亜成虫だろう。
ボディーや羽の色が白っぽかった。

モンカゲロウ110430-1
モンカゲロウ110430-2

トウヨウモンカゲロウは、
大型のカゲロウのグループであるモンカゲロウ科の一種で、
科名は成虫の羽の斑紋に由来する。

日本全土の河川の
上流から中流の流れが緩やかなところ、
あるいは、湖、池などに生息する。

幼虫は河川の淵や、岸近くの砂や泥に潜って生活し、
5月から11月と比較的長い期間にわたって羽化する。


2011/04/30撮影 江津湖にて

参考文献:
ヤマケイポケットガイド18 水辺の昆虫  今森光彦著 山と渓谷社
水生昆虫ファイルⅢ 刈田敏著 つり人社









トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog