2011.02.12    カテゴリ:  遊び 

   コイとの初勝負

2011年1月1日。
午後より、コイを狙って江津湖へ行った。

川に着くと、人に馴れたコイたちが集まってくる。
池のコイのように投げたパンをよく食べる。


リール竿に鯉針だけを結び、パンをつけた。
道糸をリールから10mほど引き出し、コイに届くように手で遠投する。

コイの数m上流に届いたパンは、すぐにコイに吸い込まれた。
40cmほどのコイがかかった。

道糸が太いので強引に引き寄せ、
空気を吸って弱ったところを素早く取り込む。
かなりの肥満体。

鯉釣り110101-6


散歩の人が興味ありげにコイをのぞき込む。
予想どおり、かわいそうだという人もいる。


仲間を一匹釣られたので、コイたちはさすがに警戒した。
50mほど移動し、同じ方法で狙う。
コイは用心しながらも、パンに食いついた。

針はガッチリと口にかかっている。
竿を上の子に渡す。

鯉釣り110101-3


リールのドラグは緩めにしてある。

竿を立てて我慢し、引きが弱った時だけ巻け、といった。

鯉釣り110101-1

時々、弟の力も借りて竿を支えている。

鯉釣り110101-2

コイが50m近く走ったときもあったが、10分ほどすると寄ってきて網に入った。

子供らにとって初めてのコイ。体長は60cmほど。

鯉釣り110101-5


下の子は興奮し、上の子はホッとした様子。

コイも年明け早々の綱引き大会に疲れ果て、
放流するとフラフラ流れに戻った。
まず大丈夫だ。

鯉釣り110101-7


それにしても、江津湖はコイが多すぎる。
コイには野生型と飼育型があるらしく、江津湖で数多く見かけるコイはどうみても飼育型だ。
そしてコイは悪食で貝でも虫でも食べるので、
”世界の侵略的外来種ワースト100”にも選ばれてしまっている。

昔から、子供が釣りをするにはちょうどよい相手なんですが。



2011/01/01撮影 上江津湖にて

江津湖だいすきさん

 ご訪問ありがとうございます。
三連休お仕事ですか-。ご苦労さんです。

 ちなみにコイは正月に釣ったものです。
時々時間をさかのぼってアップしてます。
だから全然日記になっていないのですが。

 江津湖に1時間かけて来られていたのですね。

 私はかつて江津湖のそばに住んでいながら、
同じように自転車で1-2時間かけて松橋や宇土まで行ってたので、
お気持ちはなんとなく分かります。

暗闇の中での到着、鳥の声と魚のはねる音、夜明け、食事、記憶は割と鮮明です。


いつもワクワクして拝見してます!

子どもさん連れでコイ釣りですか!
いいですね~
(私の三連休は全部仕事でした…泣)


子どもの頃、実家近くの白川はあまり釣れませんでした。

少し大きくなって、江津湖で釣るようになったのですが、生き物の多さと賑やかな雰囲気に驚きましたね。
新鮮でした。

今でも懐かしくてたまりません!

鶴光のオールナイトの終わりに頃に目を覚まし、着替えをして、道具を積み、友達と待ち合わせ、江津湖を目指して1時間、釣り糸を垂れる頃にご来光、朝食はおにぎり…

未だにリアルタイムですね…






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog