2010.10.31    カテゴリ:  植物 

   ミゾソバ

ミゾソバは,
”溝に生える蕎麦”の意味で,
水路の水際や湿地,休耕田などで見かける一年草。

ミゾソバ1-100417
ミゾソバ2-100417
2010/04/17撮影


葉はほこ型で先がとがり,
別名”ウシノヒタイ(牛の額)”の語源にもなっている。

ミゾソバ3-090808
ミゾソバ4-090808
2009/08/08撮影




花期は7-10月で,
淡い紅色または白色の小さな花を咲かせる。

ミゾソバ5-101002
ミゾソバ6-101002
ミゾソバ7-101002
2010/10/02撮影


若い葉は食用にもなるらしい。

そして何よりも,
ミゾソバの下には,エビやカニや小魚がよく隠れている。


江津湖にて

参考文献:田んぼの生き物図鑑 山と渓谷社






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog