2010.10.14    カテゴリ:  魚類 

   カムルチーを撮らせてもらった

朝方のつり人に,釣れたら教えて下さい,と頼んだ。

しばらくしたら,釣れたよー,と呼ばれた。


スプーンにカムルチーがヒットしていた。
スプーンとは,しぶい。

カムルチー101002スプーン
カムルチー101002スプーン拡大


ドジョウと名が付くだけあって,
くねくねと地を這って水中に逃れようとする。
カムルチー101002上から


以下,文章は文献からの抜粋。


通称ライギョやタイワンドジョウ。

カムルチー101002全体スケール入り


原産地は東アジア(中国,朝鮮半島)。全長30~80cm。
体は細長く,頭は蛇に似る。
カムルチー101002大きな目
カムルチー101002横腹


河川や湖沼に生息し,魚類,昆虫類,カエル類,甲殻類を捕食する。
カムルチー101002口斜め



年1~数回産卵し,親魚が卵・稚仔魚を保護する。

上鰓器官で空気呼吸も行うため,低酸素の水域でも耐性がある。

1923年に朝鮮半島から導入されて日本に定着し,琉球列島を除く全国各地に分布している。県内で見られるようになったのは,1935年前後と思われる。県下に広く分布する。

大型の上位捕食者であるが,大きな被害が確認されないため,影響はそれほど大きくないとする意見も多い。

有棘顎口虫の中間宿主であるため,生食は非常に危険である。


2010/10/02撮影 江津湖にて



参考文献:
熊本県における外来生物の現状 平成20年3月 熊本県
くまもとの外来生物 平成22年3月 財団法人再春館「一本の木」財団
こんばんは。

かわいそうに,ライギョは,釣りのおじさん達が
目の敵にしてましたね!

かへる君,懐かしいですね。
足が細いのでちぎれやすかったです。
ライギョを釣るときは
フックの返しを潰して使ってました。
どうも!
ライギョはよく見ますね~
子どもの頃からライギョだけは
苦手でした。

かへる君というルアーを使って
ましたが、取れなくなるほど
食べられてました。

水が少し冷たく感じ始めましたね。
そろそろ秋本番という
感じでしょうか。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog