2010.10.11    カテゴリ:  魚類 

   カワヒガイ

10月2日。

江津湖の抽水植物の茂る場所で,
カワヒガイを捕まえた。

カワヒガイ1-101002


初めてみる魚だった。


カワヒガイは,九州北西部のほか,
濃尾平野,山陽地方に分布する。
全長13cmほどになる。動物食主体の雑食性。


体側には,モヤモヤっとした雲状斑が散在し,
背びれには一本の黒色帯がある。
カワヒガイ2-101002
カワヒガイ3-101002
カワヒガイ4-101002

今回のものはメスのようだ。






産卵期は5-7月で,雌雄一対となり,
生きた二枚貝の入水管に産卵する(タナゴ類は出水管)。

カワヒガイ5-101002



他のヒガイ類と比べると,頭が小さく,
目が大きく,口の先が丸っぽい点で見分けるらしい。


2010/10/02撮影 江津湖にて




参考文献:
新装版 山渓フィールドブックス2 淡水魚 山と渓谷社






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog