2010.11.07    カテゴリ:  魚類 

   漁業規則

10月2日,増水期の江津湖。

増水期の江津湖小101002
2010/10/02撮影

上の写真とは関係ないけど

かつての江津湖は,
いきものが相当厳しく保護されていたようだ。

江津湖研究会が1991年に書かれた
「江津湖荒廃の経緯と再生対策」から抜粋すると

「昭和初期(戦争直前)まで,江津湖の魚類や鳥などは行政当局のきびしい保護下にあった。
例えば,水前寺公園の池水の出口から砂取川の夫婦岩までは規制がなかったが,夫婦岩から中江津湖の画図橋までは,禁猟区となっていた。禁猟区では瓶づけによる魚とりは全く出来なかったが,釣りは馬の尾(まなお)1本で釣ることのみが許された。しかし,画図橋から下流すなわち下江津湖では,何の規制もなかった。」

古い絵はがきで見られる漁も,どれも下江津湖のようだ。




現在はというと

「思いやり 魚へ 自然へ 人間へ」
上江津湖の中ノ島公園にある看板と

漁協看板2-101002
2010/10/02撮影


下江津湖の画図橋の下にある看板

漁協看板1-090905
2009/09/05撮影

これを見ると,江津湖の漁業資源(魚)は熊本漁業協同組合の管理らしい。


遊魚料についても書かれていて,
連絡先もある。

漁協看板3-101002

この番号に今まで何度か電話したが,
つながったことがない。




かつての川漁師から,10年ほど前に聞いた話では,
川魚を食べる人が減り,漁が成り立たなくなり,
最近江津湖で行われていた漁業は,釣り餌の
モエビ(ミナミヌマエビ)捕りくらいということだった。


江津湖での一応のルールとして,
熊本県内水面漁業調整規則があるが
個人的には,
今の時代にあった別のルールがあってもいいと思う。




参考文献:江津湖荒廃の経緯と再生対策(江津湖 第5号 1991 江津湖研究会)
こんばんは,江津湖だいすきさん。

遊漁料は,私も取られそうになったことがあります。
小学生の時です。
漁協の方が巡回してきて,何mか隣で釣りをしていた
家族と遊漁料のことで口論になり,
私のところまで来られませんでした。

なので,未だに払ったことはありません(笑)。


水質は,
私が生まれた時代が最高に汚れていたようです。
以前,イシガイのところ(http://kappabori.blog40.fc2.com/blog-entry-10.html)で
ジャブ程度に触れていますのでご笑覧下さい。

当時の江津湖はミズワタだらけにもかかわらず,
魚が多かったですね。
ハヤやタナゴの佃煮などをよく食べていました。
今は公共下水道整備のお陰で,当時と比較すると,
水質はものすごく改善されたように見えます。
ですから,個人的には江津湖の魚を食べることは
問題ないと思っています。

現在,江津湖の湧水は硝酸態窒素などが多いため,
飲用禁止となっていますが,私は時々飲んでいます。
正直,あまりおいしくありませんが,硝酸態窒素以外にも,
いろいろな物質が入っているのかも知れません。

ルールについては,
私も最初は海外のマス釣り場にあるような
規則をイメージしましたが,もう少しゆるく,
入場料のようにして(子供はもちろん無料で)
監視などの必要経費に充てた方が合ってるかなと,
あくまで個人的な妄想ですが(笑)
おはようございます。いつも楽しく
拝見しておりま~す。

中学生の頃、コイ釣りをしていたら
集金のおじさんみたいな方が来られ、
遊漁料を払った記憶があります。
今はどうなんでしょうかね。

白川でも払った記憶があります。
払った上に、ありがたいお説教まで
頂いたような…

水質的にはどうなんでしょうかね。
今の江津湖は。
多摩川などは、以前に比べたらだいぶ
いいが…とか、野田知佑さんの本で
読んだことあります。

僕は以前、アメリカ北部の(超田舎)の州に数年間住んでいたことが
あるんです。
釣りのライセンスを近くのスーパー
で購入しなくてはなりませんでした。
フライを楽しむ人が主流でしたが
誰でも簡単にマスが釣れる上に、
水質は全く問題ないので、釣った魚は
食材としてテーブルに出てくるという
感じでした。「今夜はマスでも焼こ
うかね。じゃ、釣って来て~♪」
みたいな感じがありましたね。

ヨシノボリの佃煮とかイケますかね?(笑)








話は変わりますが、10月8日の熊日朝刊で、「水中から見た江津湖」と
いう水中撮影の特集が一面掲載
されてましたね。スズキも遡上するんですね。知りませんでした。
ルアーで釣れたりするんでしょうね。

外来種を捕獲して家畜の飼料化にする
取り組みも東海大の方がされてる
みたいですが、興味深いところです。

この所、仕事が立て込んでいたので
久しぶりに子どもを連れて行きたく
なりました。












トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog