2010.09.23    カテゴリ:  植物 

   ヨシ

ヨシは,水辺に普通に生える大型の多年草で,
マコモと並ぶ代表的な抽水植物。


ヨシ1-100718
2010/07/18撮影

地下茎は長く泥中を這い,大群落をつくる。


地上部は冬には枯れるが,
2月ごろ,暖かい日差しを感じ始めるようになると,
土手や浅瀬で新しい芽を伸ばし始める。

ヨシ4-090202
2009/02/02撮影


大きなものは2-3mまで生長する。



ヨシは,いろいろな生き物の住みかとして大切なんだけれど,
水中に茂りすぎると泥が貯まり,陸地化の原因になる。


だから江津湖では,定期的にヨシを刈り取る管理が行われる。

しぶとく広がるヨシを,一つ一つ根元から掘り取る方々がいらっしゃる。
大変な重労働に思える。

ヨシ6-090412
ヨシ5-090412
2009/04/12撮影


江津湖にて


参考文献:山渓カラー名鑑 日本の野草 山と渓谷社





江津湖だいすきさん,
こんばんは。

とてもマイナーで
稚拙なブログなので,
あまり誉めないでくださいね。

秋でも結構水に入るのですが,
人に見られると恥ずかしいので,
早朝や夕方に出かけることが多いです。


秋は何が良いのでしょうねー。
ヨシは茂りすぎると
陸地化するんですね~

いつもながら
感心して拝見しております
毎月、色んな所を撮影されてて
すごいですね
見方が多面的ですもの

すっかり秋の空気に変わり
水中から別の所へ
目を移して江津湖を
楽しみたいものです

秋・冬のすばらしさも
教えて下さい!








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog