2010.09.03    カテゴリ:  鳥類 

   カイツブリ

数多く江津湖で見られる鳥のなかで,季節に関係なく目立つ鳥といえば,
カイツブリかもしれない。


カイツブリ1-100719



年中ほとんどを水上で生活し,よく潜って魚を捕まえている。
透明度の高いところでは,足を必死で掻きながら潜水する姿が見られる。

飛べるはずだが,高く飛翔する姿は見た記憶がない。そのかわり,羽ばたきながら水面をよく滑走する。
ケレケレケレという鳴き声と,羽ばたく水音がセットで聞こえたら,自動的にカイツブリをイメージする。



水草で浮巣をつくってヒナを育てる。

ちょうどつがいが,浮巣をつくっているところだった。

カイツブリ2-100719
カイツブリ3-100719

子供の頃,巨大なカエルが潜水するのを見た気がしたが,
あれはカイツブリだったに違いない。


2010/07/19撮影 上江津湖にて


参考文献:
くまもとの自然シリーズ1 江津湖の自然 監修 熊本大学名誉教授 吉倉眞/発行 熊本生物研究所



江津湖だいすきさん

 コメントありがとうございます。

 一年のうち今頃から10月までが,江津湖の水位が一番高くなるようです。
つり人さんですか?

 更新が遅れがちですが,是非また寄ってください。
はじめまして。いいHPですね~。
ちょくちょくおじゃまします!
今日、江津湖に行きましたが
水が多くて、もうひとつでした。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog