2010.08.13    カテゴリ:  両生類・爬虫類 

   ウシガエル

江津湖の流れのない水辺で,夕暮れ時に,モォオー,モォオー,と牛のような,野太い鳴き声が聞こえたら,ウシガエルと思って間違いない。どん欲なので,中学生時代にはカエルのルアーなどを使って,ウシガエル釣りをしていた。口の前で動くものには,何にでも食いついて来た記憶がある。


下江津湖の,ヨシやマコモが茂る止水域で,7月にカエルの卵塊を見つけた。
マコモの隙間に,隠すように産みつけられているものもある。

ウシガエル100718-1
ウシガエル100718-2
ウシガエル100718-3

よく見ると,昔高校の生物で習った,卵割状態の卵が見えた。
下の写真を拡大すると分かります。

ウシガエル100718-4

周辺の水路では,子供らが体長5cmほどのオタマジャクシをたくさん捕まえてきた。
詳しい人に尋ねると,卵塊もオタマジャクシも,ウシガエルということが分かった。

ウシガエル100718-6


ウシガエルは非常に大型で,成体は20cm近くになる。幼生も成長すると全長15cmほどになる個体もいる。

元々は北アメリカ東部が原産地で,世界各地に人為的に移入されている。日本には,食用に20世紀初めに輸入され,このカエルのエサとして,アメリカザリガニも同時に移入された。

常に,繁殖場所周辺の水中や草むらで生活し,ザリガニ,昆虫,同種・他種のカエル,水鳥のヒナ,ネズミなども食べるらしい。ほかの生き物は,たまったものではないだろう。
日本での繁殖期は5-9月。土中や水底で越冬するが,冬場でも時々水面に現れる。


ウシガエル100718-5

国の特定外来生物,熊本県の「特定外来生物A」に指定されており,オオクチバスなどと同じく,悲しい立場にあるカエルだ。
最近,ウシガエルの成体を捕まえたことがない。とても逃げ足が速いので,狙って釣りでもしない限り,捕れないだろう。


2010/07/18撮影 下江津湖にて

参考文献:
川の生きもの図鑑 鹿児島の水辺から 鹿児島の自然を記録する会編 南方新社
熊本県における外来生物の現状~特定外来生物と要警戒外来生物~(2008年3月 熊本県)
環境省ホームページ







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog