2009.12.03    カテゴリ:  遊び 

   前島つり具店

小学生時代、行きつけのつり具屋は前島つり具だった。
自宅からも江津湖からも一番近かったし、同じ幼稚園を卒園した女の子の家でもあった。

前島釣具1-080329

店は小さいが、釣りに必要なものはだいたい手に入った。
そして子供には嬉しいことに、ばら売りがあったので5円とか10円で小物が手に入った。
前島釣具6-080329

道糸はハイループなどの高級品ではなく、10m30円のベストナイロン0.8号を愛用していた。
この糸で30cmのコイがかかっても釣り上げていた。
前島釣具4-080329

ウキはあんまりなくならなかったから、たまにしか買わない。
買うときは、少し高くても細身の木製ウキが好きだった。
前島釣具8-080329

エサは必ず減る物なので、よく買った。
割引してもらって100円から200円くらいで買ったエサが何日か使える。
前島釣具2-080329
最近大型のつり具屋さんに入ると、高価なエサばかりが並んでいる。
これじゃ子供はつりをしなくなると思った。

エムシ(ハエの幼虫)をこのお椀で50円分小分けして売ってくれていた。商売になっていたかどうかは分からないが、店のおばちゃんの子供への優しさだったと今は思える。
大人になってからは、さすがに50円分下さいとは言えなかったが。
前島釣具3-080329

ガラス棚にもヨリ戻しやおもりやスズなどの商品が過不足なく充実していて、とてもよいつり具屋さんだった。初めて父に連れられ、江津湖へタナゴつりに行ったときも、この店に寄って竹竿や針などを仕入れた。
その時釣ったポイントや魚のこと、弟と竿を取り合いしたことなどよく覚えている。

まっちさん情報では、おばちゃんの膝が悪いので2008年末に店を閉められたらしい。
いったい何年続けられたのだろう。

前島釣具5-080329

2008/03/29撮影(店のおばちゃんの了解を得て撮らせていただいた)
こんにちは!
釣りはやらないけど、江津湖から
必然的に必要な店として
愛好家の方たちや、子供たちにも
愛されてきた店なんでしょうね。
かくびんたさんの温もりを感じる記事です。
かくびんたさんこんばんは!

中々そそる画像です。私の実家のある町にも
同じ様な釣り具屋さんがあり、ちょこちょこ通ってました。
笹竹を枯らした様な竿を買って、
今も愛用しているピンポン浮で小鮒を釣ってました。
エサは、小麦粉を練っただけのもので結構釣れました。
あの頃は、学校が終わると楽しみで・・・。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog