2009.11.15    カテゴリ:  遊び 

   水前寺江津湖公園(広木地区)

下江津湖の広木地区は、下江津湖左岸の最下流にある。

もともと広木地区は田んぼが広がり、湖岸にはヨシかマコモが茂り、それはそれは牧歌的な場所だった。「竜ノ鼻」という岬状の離れ島があることでも知られている。
1990年頃、当時熱中していたブラックバス釣りで時々訪れていたが、人影はほとんどなかった。

その広木地区を熊本県が造成し、「水前寺江津湖公園(広木地区)」として整備を行った。2000年(平成12年)1月より供用が開始されたそうだ。

20.7haの敷地に管理棟、芝生広場、せせらぎ、池、自然観察園などが設けられ、ヤナギ、エノキ、サクラ、クスノキなどの樹木がたくさん植えられている。

広木地区1-090905
▲芝生広場と園路 後ろは金峰山 2009/09/05撮影

広木地区2-091011
▲思い思いの時間を過ごす人たち 2009/10/11撮影
朝夕は散歩やジョギングの人、昼間は家族連れが圧倒的に多い。
子供は自転車に乗ったり、野球やサッカーをしたり、飛行機を飛ばしたり、広い空間で力いっぱい遊んでいる。
最近は近くにコンビニやカフェレストランもできた。

広木地区3-090506
▲管理の行き届いた自然観察園 2009/05/06撮影
湖岸の田んぼを潰して大勢の人が訪れる公園としたことが、江津湖の生き物にとってよかったのかどうかは分からないが、自然観察園を中心にいろんな生き物を見ることができる。ただし、こんな時代だから外来種も多い。

広木地区4-090506
▲湧水を活かしたせせらぎ 2009/05/06撮影
夏は大勢の子供が水路に入って遊んでいる。木陰もあるし、子供を遊ばせるには最高の場所だと思う。ザリガニドンコもいる。

広木地区5-091011
▲管理棟兼休憩所 2009/10/11撮影
管理棟は景色になじむようなデザインで高さも抑えてある。ちょっと覗いてみたくなるような建物だ。
以前、建築関係の雑誌に紹介されていたことがあった。
広木地区6-091011
▲休憩所の展示資料 2009/10/11撮影

広木地区7-091011
▲草に寝ころぶ 後ろは金峰山 2009/10/11撮影

駐車場もたっぷり取ってある。夏に子供の遊び場に困ったらここがいい。
その時は是非、弁当と水筒を持って!


参考:熊本県造園建設業協会ホームページ
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.11.19 06:53  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
kazeさんこんばんは。昨日からすごく寒くなりましたね。
今日は仕事でkazeさんの地元を覗かせてもらいました。
マツカサガイらしき殻が水路にたくさんあり驚きました!
K水系T川の根っこのところです。
かくびんたさんこんばんは。
ここの公園一度立ち寄った事があります。

兎に角広くて売店なんぞあったら一日中
遊べるなと思いましね。
kensukeさん、こんばんは。
自転車があればかなり効率よく回れますねー。
車に気をつけて、写真もたくさん頼みますよー!
こんばんは!
下江津湖の方はほとんど知りません
こんないい遊び場があったんですね!
広々としてますね!
先の話なんだけど(笑)
来年気候が良くなったら自転車で
江津湖付近制覇したいです(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog