2009.10.12    カテゴリ:  植物 

   イバラモ(その2)

秋晴れでとても天気が良かった。久しぶりに下江津湖の左岸(動物園側)を歩いてみた。

水際はボタンウキクサ(ウォーターレタス)だらけかと思ったら、帯状の大きなイバラモ群落もあった。

イバラモ0-091012

この場所はコンクリートの岸壁で水深がいきなり深くなっている。地形はワンド状で流れの影響をほとんど受けない止水域。
こういう条件は以前見た右岸のイバラモ生育地と似ている。

水中のイバラモは、浮泥をかぶっていた。

イバラモ1-091012
イバラモ2-091012

こんな所に落ちたらイバラモの刺が痛そうだ。
岸壁は上りにくいし、機雷原のような場所だ。

イバラモ3-091012
イバラモ4-091012

浮泥を振り払うと、明るい緑色のきれいな葉だった。
触ると、やっぱり普通の水草とは感覚が違い、堅めの感触でポキポキと折れる不思議な水草だ。
サボテンのような感じでもある。

レッドリストくまもと2004では情報不足(DD)に分類されているが、他県では希少種となっているところもある。


2009/10/12撮影 下江津湖にて

参考文献:熊本県の保護上重要な野生生物リスト(レッドリストくまもと2004) 平成16年3月 熊本県








トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog