2009.09.23    カテゴリ:  植物 

   草入り水晶

9月。
湧水量が増え江津湖の水位が上がる季節。
澄んだ流れに日の光が射しこんでいた。

清流と水草1-090919
2009/09/19撮影
清流と水草2-090919
2009/09/19撮影
この水域にはヒメバイカモが比較的多く残っている。
清流と水草3-090919
2009/09/19撮影

ヒメバイカモに混じってササバモやギシギシもある。
最近このあたりは、オオカナダモの除草作業が行われた。
在来の水草を残しながら、オオカナダモを刈り取ってあった。

清流と水草4-090919
2009/09/19撮影
清流と水草5-090919
2009/09/19撮影

徳富蘆花は、かつて江津湖の湖水を「草入り水晶」と表現したという。

清流と水草6-090921
2009/09/21 熊本市立博物館にて撮影

参考文献:阿蘇山麓からの提言 澄んだ湖をつくる 清水正元著 朝日新聞社

こんにちは、かくびんたさん!
水が澄んで光と混じり合ってきれい^^k
草入りの水晶はじめて見ました!


不知火の火、思ってたより小さな光でした!
周りがあまりにも民家が出来たせいでしようか、人口の光が邪魔していて
分かりずらい光でした!
昔は真っ暗で、すぐにわかったと思われます!






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 江津湖の水辺から All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog